logo
 

広学模試の特徴

計画的な学習で確かな学力を身につける!

来年の受験期間までの限られた日数をいかに有効に勉強するか——
それが合否を分ける重要なポイントです。
受験期間が近づいてあわてないように、あらかじめ年間スケジュールを立てましょう。
あまりに細かい計画は挫折のもと。
大きな目標を立てて、その目標をやりとげるぞというヤル気をもつことが大切です。
そのために、広学模試を有効活用しましょう。

入試本番に向けた予行演習に最適

会場イメージ
広学模試は全部で4回ありますが、試験会場に高校や大学などを使用するので、本番の入試の気分を味わいながら試験が受けられます。

志望校の合格可能性をズバリ診断

結果イメージ
公立・国立・私立高校の中から、あなたの選んだ志望校2校(学科・コース別)について、合格可能性をA・B・C・Dの4段階で示します。
判定は、実際入試の試験科目(3教科または5教科)に基づいて行います。

小問別に受験者全体の正答率と比較

正答率イメージ
各教科の試験結果は、1問ごとにあなたの正誤状況と受験者全体の正答率とを並べて表示します。
正答率が高い問題でミスが多い等、今後の学習課題を読み取ることができます。

わからなかった問題を動画解説で復習

試験終了後、こちらにて教科別に動画解説を公開しています。
間違えた問題は、大きく2種類に分かれます。
〖単純なミスによるもの〗と〖理解できていないもの〗です。
次回以降に同じ間違いをくり返さないように、しっかり復習することができます。

PAGE TOP